エッセイ・評論・文芸研究
2012年刊

秋田の「森林(もり)」を歩く
蒔田 明史(まきた あきふみ)
A5判・125頁 定価1400円+税
ISBN 978-4-89544-559-7

植物生態学が専門で文化庁の文化財調査官(天然記念物担当)をつとめた著者が、地元紙に連載した「自然と文化」に関するコラムを1冊に。地元民にとっては当たり前にみえることも、視点を変えると貴重で稀有な宝物、ということを教えてくれる。

冊数

 はじめに 7

「変わらないこと」の力強さ
スプリング・フラッシュ
ネマガリダケの一生
秋田の「みどり」
マツ枯れと暑い夏
目にはさやかに……?
冬来たりなば……?
ヒトの時間
雪につつまれて
エコミュージアム
角館のサクラ
文化財とは何か
文化財調査官という仕事
人が作り上げた自然
となりのトトロ
森の生き様を探る
自然を感じる心
クマとの共生?
教育的指導
秋田の森林づくり
暖かい冬
おもてなしの心
自然に触れるには?
語り継ぐこと四八年に一度の……?
ローテクの勧め
比内鶏を食べてはいけない?
一枚のグラフ71
豊かな自然って何だろう?
無事な関係
二二世紀を想う
情報量
ニセアカシア
木を植えること
文化的景観
巨樹の魅力
ローカリズム
科学的態度
冬枯れの街
チェンジ
一〇年一昔
桑ノ木台湿原
花の色
タケの不思議
性善説
大学の先生という仕事
豊かなみどりに包まれて

巻末資料『秋田の森林づくり検討委員会報告書』より

 おわりに

TopPageへ