歴史・民俗
2014年刊

蝦夷えみしと「なこその関」
菅原 伸一
46判・266頁 定価1800円+税
ISBN 978-4-89544-580-1

古来、多くの文人墨客に詠われてきた陸奥国の歌枕「勿来関なこそのせき」は、どこにあったのか。関で防ごうとした「蝦夷」とはなんだったのか。「勿来関」の謎をさぐる歴史読本!
冊数

はしがき

序 章 「勿来関」

第一章 蝦夷のこと
一 景行天皇の蝦夷像
二 蝦夷とは
三 「蝦夷」という文字
四 蝦夷(エミシ)の語源
五 蝦夷との交易
六 蝦夷とマタギ
七 多賀城の創建
八 陸奥国支配の基地
九 蝦夷地との境
十 蝦夷と俘囚
十一 蝦夷の反発
(1) 按察使殺害事件
(2)  大掾殺害事件
(3) 桃生城焼き討ち事件
(4) 伊治公呰麻呂の反乱
(5) 元慶の乱
十二 蝦夷征討の終焉

第二章 古代の官道
一 五畿七道という行政区
二 古代の交通制度
(1)  駅制
(2) 伝制

第三章 陸奥・出羽の古代道
一 奥羽の駅路
(1) 石城国と石背国の設置
(2) 奥羽の東山道
(3) 陸奥国の海道(東海道)
(4) 北陸道
(5) 陸奥出羽直路
二 陸奥国の海上交通
三 多賀城への駅路
四 栖屋駅のこと
五 奥大道
六 奥州征伐の道


第四章 陸奥国への移民
一 農民の移配先
二 要害という地名
三 要害と城柵
四 陸奥国の柵戸
(1) 柵戸とは
(2) 奈良時代中期以前の柵戸
(3) 奈良時代中期以後の柵戸
五 浮浪と逃亡
(1) 浮浪とは
(2) 逃亡とは
六 調・庸の運搬

第五章 古代の関
一 『枕草子』に書かれた関
二 関の始め
三 関の性格
四 関の機能

第六章 奥羽の関
一 陸奥国とは
二 陸奥国の古代の関
三 センと関
四 塹柵の関から検判の関へ
五 奥羽三関と奥州三関
(1) 「白河関」
(2) 「菊多関」
(3) 「念珠ヶ関」
(4) 「なこその関」

第七章 「勿来関」とは
一 「勿来関」は菊多関か
(1) 「蝦夷よ来る勿れの関」説
(2) 幣帛使通関拒否説
(3) 源義家の和歌説
二「勿来」という文字
三「勿来」と書く地名
四「勿来」と「なこそ」の語源
(1) 「勿来」の語源
(2) 「なこそ」の語源
五 近世文献に見る「なこその関」

第八章 「そう(惣)の関」
一 「そうの関」とは
二 「惣の関」の場所

第九章 「なこその関」と和歌
一 陸奥国の歌枕
二 「なこその関」の和歌

終章 「なこその関」はどこか
一 創られた関址
二 「なこその関」は蝦夷地境に

あとがき
主な参考文献

TopPageへ