110. 2020年11月13日 柿の実
 千秋北の丸の畑にある柿の木がだいぶ実をつけたので、収穫してきました。ここ数日の雨風で葉は全部落ち、枝に実だけが残っている状態でした。ただ、よく色付き、美味しそうな実のほとんどはカラスが食べた形跡があり、傷のついてない実はあまりありませんでした。そして、カラスに食べられてしまった実は全て、柿の下半分だけが食べられている状態でした。もったいない食べ方をするなぁと思っていたのですが、採ってきた柿を一つ食べてみてその理由が分かりました。実の下半分はとても甘くて美味しいのですが、上半分はしぶくて食べられなかったのです。カラスも贅沢な食べ方をしているわけではなく、上半分は不味くて食べなかっただけでした。一つの実で半分は甘く、半分はしぶいなんてことがあるのでしょうか。それとも、もう少し熟れてくれば上半分も食べられるようになるのでしょうか。なんとも不思議な柿ですが、もう少し様子を見てみたいと思います。
(M)