海の総合商社 北前船
四六判・391頁 定価2500円+税 冊数
はじめに 7
第一章 北前船とはどんな船だったのか
 第一節 北前船の誕生
   さまざまな回船 12
   年貢米の輸送船 21
   蝦夷地通いの荷所船 26
   北前船の誕生 33
 第二節 西回り航路と東回り航路
   経費がかかった敦賀ルート 38
   河村瑞賢と酒田 45
   江戸へ直航の東回り航路 53

第二章 北前船の収益と船乗りの稼ぎ
 第一節 北前船商売の実際
   上り航路で稼いだ北前船 62
   取引の実務 67
 第二節 船乗りの一生
   職制と出世 79
   北前船頭の高収入の秘密 85
 第三節 北前船の一年
   船乗りの暮らし 94
   北前船頭の二人妻 100


第三章 和船の技術革新と交易の基盤整備
 第一節 船の発達
   弁才船の登場 108
   「北前型」弁才船 118
   帆布と蛇腹垣 126
 第二節 「北前船」を造る
   船の建造費 135
   メンテナンスと耐用年数 142
   各地の造船業 148
 第三節 北前船をめぐる環境
   船を監視していた沖の口役所 156
   商売の相手 165
   港と女 174
   北前船の争奪トラブル 185

第四章 北前船が運んだ商品
 第一節 さまざまな積荷
   古着、漆器……贅沢品 198
   脚光を浴びた長崎俵物 213
 第二節 もうかった北国の産物
   密貿易まであった昆布 216
   肥料になった鰊 226
   銅と大豆 237
 第三節 諸産業の発達
   全国を制覇した瀬戸内の塩 247
   たたら製鉄 259
   木綿、和紙、石仏 267

第五章 頻発する遭難
 第一節 北前船の航海技術
   進歩する航海技術 286
   海難と原因 292
   海難と「浦証文」 305
   遭難救助と報酬 310
 第二節 船乗りの信仰
   神社と寄進物 316
   膨大な船絵馬 322
   航海中の信仰 330
第六章 明治以降の北前船
 第一節 北前船の最盛期は明治
   近代化する北前船主 336
   合の子船と洋式帆船 339
   汽船と海上保険 348
 第二節 北前船の終焉
   もうからなくなった北前船 355
   北前船の閉幕 362
  
 参考文献 364
 あとがき 367
 関連年表 392


back