backnumber
●No. 1 秣岳―草紅葉の海で、なぜかパエリア
●No. 2 栗駒縦走―贅沢お昼と、お気に入り温泉
●No. 3 小岳―白神のブナの森を彷徨う
●No. 4 千沼が原―南八幡平の自然休養林を歩く
●No. 5 白岩岳―巨木の森で、雨に追われて
●No. 6 四角岳・中岳―何が悲しくて、遠い県境の雨の山へ(+クマの話)
●No. 7 高下岳―「キジ撃ち」慣れ、増える体重、初めての山
●No. 8 東光山―雹に雷とスパイク長くつ、是山の山
●No. 9 雄長子内岳―賞味期限切れ食品がうまい、きれいな三角山
●No.10 八塩山―生きものたちと出あい、ラーメンうまい雪の山
●No.11 房住山―はじめての朝市、風格の天然杉、泥土のババ落とし
●No.12 太平山前岳―雪と風とツェルトとストック
●No.13 岩谷・筑紫山―「靴納め」はダブル山行、かててくわえて忘年会
●No.14 黒森山―これが今年最後の山行です、信じてください!
●No.15 一つ森公園―桜のつぼみが大きいから、春は早い……
●No.16 七座山―彷徨っても漂っても、頂上は遠い
●No.17 男鹿真山―動物の足跡がないのは、「なまはげ」がいるからだ
●No.18 太平山前岳―どんな山でも、なにか新しいことを学べるもんだ
●No.19 高尾山―「山があるんで、お先に」って言ってしまった夜
●No.20 小又川大滝―大滝を見にスノーハイク、帰りは古民家見学
●No.21 大滝山―冬は近場にこそ遊び場+ついにシュールストロミング開缶!
●No.22 森山―山頂で野点、そうか今日は「桃の節句」か
●No.23 太平山・中岳―青空、中岳、ひとりぽっち
●No.24 房住山―石仏に村人はどんな思いを託したのだろうか
●No.25 一の沢山―冬限定、地図に名前のない山に登る
●No.26 犬吠森―登山道のないやぶ山で、昆虫になる
●No.27 羽保屋・鳳凰山―ダブル登山で、県北の春山に酔う
●No.28 鳥海山―GWは雪の回廊を抜け、強風の山頂に立つのが夢
●No.29 五ノ宮嶽―街から7キロ先に、千メートル級の山があるの?
●No.30 太平山奥岳・物見山―下水掃除と宮沢賢治とアイゼン登山
●No.31 鳥海山―青空・無風・トラブルなし。雑魚10匹より大物1匹
●No.32 東山―みんな嫌がるけど、オレは好きだヨ、東山
●No.33 八塩・真昼岳―週末連続登山で、体力は大丈夫か、ジブン
●No.34 焼石岳―地元のプロと一緒だと、山歩きは百倍楽しい
●No.35 女神岳―ブナと滝のシャワーを浴びて、少し元気になってきたゾ
●No.36 焼石岳―あれッ、なんだか人並みに体力がついてきたかな
●No.37 岩手山―雷に追われ、山小屋泊まり、ガスっても岩手山は美しい
●No.38 和賀岳―県内最強のタフな山で、野立の誕生会
●No.39 木曽駒ケ岳―中央アルプスで観光登山、それもまた楽し
●No.40 虎毛山―面白みはなくても、一度は登ってみたい虎毛山
●No.41 白神岳―世界遺産の山で、会うのはへんなオジサンばかり
●No.42 仙北道―ずっと踏破してみたかった、歴史の古道
●No.43 鶏頭山―早池峰の、代替がきつかった、岩の山
●No.44 秋田駒―知っていそうで、知らなかった駒ヶ岳
●No.45 山伏岳―ストックを、持ち逃げされた秋の山伏
●No.46 馬場目岳―侮ってしまった! やっぱり太平山系はきつい
●No.47 大仏岳―この山には、もう来られないかもしれない
●No.48 森吉山―山よりも、ランチと温泉が楽しいこの季節
●No.49 竜ケ森―晩秋の雪山は、みごとな小春日和
●No.50 御嶽・黒森山―今年もまた、やってきたリンゴ狩りの山
●No.51 房住山―33体プラス番外9体、石仏訪ね完全踏破
●No.52 西山3山―地元の人と登れば、山の表情が違って見える
●No.53 森山―今年最後の山は、懐ひろい森山へ
●No.54 男鹿真山―さあ、今年もいよいよ登り始めだ
●No.55 高尾山―体調はいまいち、侮れない高尾山
●No.56 大滝山―春子館にも立ち寄って、ここは冬の定番コースだ
●No.56 一の沢山―今年初の、本格的雪山を堪能
●No.57 院内岳―ずっと田沢湖を眺めながら登る、冬だけの山
●No.59 太平山中岳―疲れたけど気分はいい、たぶん最後の雪山かな
●No.60 太平山中岳―2週続けて同じ山というのは珍しい
●No.61 八塩山―何という斜度だ、この山は
●No.62 飛島・柏木山―鳥海山に見守られ、飛島まるごと紀行
●No.63 岩谷山―岩谷山の山門口は侮れない
●No.64 男鹿三山―一人前の男になったか、男鹿三山お山かけ
●No.65 西山3山―罰ゲームなしで、大曲西山を縦走する
●No.66 南郷岳―筏の大杉、キジ撃ち、まだ雪の残る山
●No.67 東鳥海山―愉しみは「山頂」よりも「山菜」
●No.68 東光山―寄り道・山菜・フランスパン
●No.69 太平山奥岳―太平山はやっぱりハード――新人・キジ撃ち・遭難者
●No.70 鳥海山―この山は自分にとって特別の山
●No.71 田代岳―またしても雨にたたられ、タケノコ採り
●No.72 神室山―神室山は、やっぱりきつかった
●No.73 鶴間池・御浜小屋―山形の夏休み、御浜小屋と鶴間池
●No.74 秋田駒・乳頭縦走―初めての遅刻、駆け足の山
●No.75 鳥海山新山―トラウマを薄れさせてくれた鳥海山
●No.76 真昼岳―夏山を甘く見るととんでもないことになる!
●No.77 乳頭山―夏には向かない急坂の続くハードな山
●No.78 八幡平―ついに念願(?)のクマと遭遇、八幡平縦走の夏
●No.79 鳥海山―オコジョにもあった康新道の鳥海山
●No.80 真瀬岳―やぶの真瀬岳は、これが最初で最後かも
●No.81 秋田駒―御嶽山の惨状を思いながら、男岳に登る
●No.82 鳥海山―南面の、今までとまるでちがう鳥海山
●No.83 大白森―隠れフアンが多い、紅葉の平原を行く
●No.84 焼山―ニホンシカを見損ね、玉川で傷口に塩
●No.85 大石岳―雨の中を「新登場の山」に登る
●No.86 高岳山―浦城跡を探訪し野点になべっこ遠足
●No.87 金峰山―山はもう雪、クマも冬眠、リンゴ狩り
●No.88 鞍掛山―岩手山を観るために鞍掛山に登る
●No.89 房住山―雪のない樹木ギャラリーは最後の秋の空
●No.90 保呂羽山―ここから本格的な雪山がスタート
●No.91 森山―今年の靴収めもやっぱり森山だ
●No.92 妙見山―「靴初め」は今年も妙見山
●No.93 男鹿真山―ナマハゲの棲む雪山から
●No.94 太平山前岳―困った時の「前岳」頼み
●No.95 七座山―何度行っても迷う山
●No.96 大滝山―雪山ハイクに適した自然公園
●No.97 高尾山―なぜウサギがいなくなったのか考える
●No.98 院内岳―眺望は最高、雪質最悪のハードな山
●No.99 保呂羽山―山頂は雪なし雨なし雪割草
●No.100 太平山前岳―雨もまた楽し。でも飲み過ぎはダメ
●No.101 西山3山―花見登山は本当だった三山縦走
●No.102 龍馬山―初めての山は緊張する
●No.103 鳥海山―何回登っても鳥海山はきついなあ
●No.104 太平山中岳―藤原優太郎さんを偲んで登る山
●No.105 太平山奥岳―爆睡の快感のために宝蔵岳のクサリ場をよじ登る
●No.106 貝吹岳―雨天・街道・空中回転
●No.107 高下岳―眺望に感動する好天の岩手の山
●No.108 神室山―4リットルの水を飲み、蚊を5匹食った山
●No.109 南郷岳―ウルシと横手城と後三年合戦
●No.110 秋田駒―今日は自習、自由行動の山歩き
●No.111 乳頭山―1か月ぶりの山歩き
●No.112 真昼岳―6週間ぶりの山はブナに癒されて
●No.113 秋田駒―ちょっと疲れてピークはお預け
●No.114 栗駒山―今年の紅葉は「紅」が弱く、くすんだ印象
●No.115 焼山―見納めの紅葉、シカとは会えず
●No.116 太平山宝蔵岳―アラレ舞い寒さでブルブル宝蔵岳
●No.117 黒森山―雨でも決行したのには理由がある
●No.118 房住山―登るたび 頂遠く 笑(え)む観音
●No.119 東光山―東光山・仏洞山・三崎山を踏破したゾ
●No.120 太平山前岳―今年は28座、どうもお疲れさまでした
●No.121 高館山3山―今年最後の山は高舘山・八森山・飯森山
●No.122 大森山―未踏峰・大森山に遊ぶ
●No.123 大滝山―定番スノートレッキングの山
●No.124 院内岳―風邪っぽい体を引きずり登頂
●No.125 保呂羽山―雪割草をみに保呂羽山へ
●No.126 長者森―ちゃんと登山道があったぜ、長者森
●No.127 太平山前岳―雨の中を歩くのも春の風情
●No.128 男鹿三山―「お山掛け」で一人前の大人になる
●No.129 高岳山―歴史の詰まった「北の国境」の山
●No.130 西山3山―コシアブラの謎に思いを寄せながら
●No.131 八塩山―雨中も悪くない八塩山
●No.132 八塩山―10年前の矢島側の登山口を探して
●No.133 鳥海山―青空でも強風、簡単には登れない山
●No.134 八塩山矢島口―ついに「幻の山」の山頂に立つ
●No.135 田代岳―タケノコ採りはうるさいが、田代岳はいい山だ
●No.136 鳥海山御浜小屋―ピッケルとやぶ漕ぎで登る山
●No.137 焼石岳―八合目手前でリタイア、雨の中沼コース
●No.138 東光山―和賀のピンチヒッターは是山が開いた山
●No.139 八塩山矢島口―矢島口は雨の日でも傘いらす
●No.140 森吉山―3リットルの水を飲んで、森吉山
●No.141 笙ヶ岳―夏山は体力的にきつくなってきた
●No.142 幸兵衛滝―滝の涼気に救いを求めて
●No.143 寒風山―一陣の風は一服の水に等しい
●No.144 赤水渓谷―靴づれ・キジ撃ち・川歩き
●No.145 鳥海山―康新道分岐で、無念のリタイア
●No.146 真昼岳―秋の山は、やっぱりいいなあ
●No.147 八塩山矢島口―獣臭立ち込める落葉の道の心地よさ
●No.148 雄長子内岳―ドロドロ道と紅葉とリンゴ買い
●No.149 黒森山―幻想的なブナ林に酔いながら
●No.150 七座山―美林と奇岩と縄文遺跡
●No.151 太平山前岳―さあ冬山シーズンが到来した!
●No.152 森山―今年も「靴納め」は森山で
●No.153 高尾山―人のいない公園を黙々と歩く
●No.154 男鹿真山―今年の「靴始め」も男鹿真山
●No.155 太平山中岳―本格的な雪山登山はきつい
●No.156 大滝山―忙しさの中の息抜きは雪中行軍
●No.157 高岳山―中世の由緒ある山を静かに歩く
●No.158 高尾山―雪が重くて筋肉痛
●No.159 二ッ森―初登頂であわや遭難寸前
●No.160 高館山(庄内)―春の山は花の山
●No.161 荒倉山(庄内)―雨の「庄内アルプス」最高峰へ
●No.162 西山3山―眺望も花も素晴らしい小さな山
●No.163 鳥海山―歩けども歩けども山頂は遠く
●No.164 八塩山矢島口―必ず動物に会える、彩り豊かな山
●No.165 太平山奥岳―わが体力の試金石の山
●No.166 八塩山矢島口―クマの残影におびえながら
●No.167 笊森山―理由がよくわからない熱中リタイア
●No.168 仙北道―古道のブナ林を歩く
●No.169 金峰山―2か月半ぶりの山は初雪だった
●No.170 房住山縦走―縦走はやっぱりいいなあ
●No.171 長者森―青空の下、記憶に残る地図にない山
●No.172 男鹿真山―今年の「靴はじめ」はナマハゲの山
●No.173 岩谷山―本格的雪山登山……気分
●No.174 七座山―「魔の山」で「ミツバチ登山」のその後には……
●No.175 冬師雪原―鳥海山のたなごころの雪原を歩く
●No.176 西山3山―イワウチワの群生を見に行く
●No.177 水沢山―登山道のないヤブ山に苦戦!
●No.178 八塩山矢島口―好きな山にも難渋するほど体力低下
●No.179 崩山(青森)−海外遠征に等しい隣県の山
●No.180 笙ケ岳―筋トレ効果抜群で、ようやく本調子に
●No.181 太平山奥岳―サロンパスに助けられて
●No.182 房住山―雨の森を散策したい
●No.183 岩谷山―ご近所の山でも、登りはきつい
●No.184 焼山―紅葉を見に行く
●No.185 真昼岳―沢深い赤倉口のブナ林を行く
●No.186 森吉山―昔より1時間余計にかかって山頂到達
●No.187 男鹿三山―困ったときの男鹿三山
●No.188 雄長子内岳―雄長子岳と芋の子汁とリンゴ狩り
●No.189 房住山縦走―11月だけで4つの山に登る
●No.190 八塩山矢島口―11月の五座目は八塩山(矢島口)
●No.191 男鹿三山―真山と本山では雰囲気が違う登山道
●No.192 岩谷山―今年の靴納めは岩谷山
●No.193 妙見山―初詣登山は妙見山
●No.194 森山―ハードな坂で身体が目覚める
●No.195 大滝山―逆回りコースは新鮮だ
●No.196 寒風山―冬もパラグライダーが飛ぶ噴火口
●No.197 森吉山―樹氷と青空の、一生ものの景観
●No.198 院内岳―急峻のラッセルでヘロヘロに
●No.199 西山3山―西山三山縦走は骨が折れる
●No.200 保呂羽山―長くつにワカンで雪山へ
●No.201 男鹿三山―今年も「お山掛け」で一人前になる
●No.202 鳥海山―楽々の登頂で、拍子抜け?
●No.203 南郷岳―南郷岳で筋肉痛とはこれいかに
●No.204 八塩山矢島口―旅前の最後の山歩き
●No.205 太平山奥岳―クマとの遭遇、ギリギリでセーフ
●No.206 東栗駒山―一度に2座の頂に立つ
●No.207 鳥海山新山―鳥海山は「死ぬ」より苦しいのだろうか
●No.208 焼山―ついにクマと出遭ってしまった
●No.209 真昼岳―いつも水不足と闘う山
●No.210 秋田駒女岳―女岳とマラソン中継
●No.211 竜が森―紅葉の山にギリギリ間に合った
●No.212 太平山奥岳―ゆっくりのんびり秋の奥岳
●No.213 森吉山―晩秋の紅葉と初冬の雪
●No.214 八塩山矢島口―登りも下りも2時間半の峠歩き
●No.215 雄長子内岳―山頂で財布を落とすミス
●No.216 房住山縦走―恐怖のジジ落としのある縦走コース
●No.217 男鹿三山―山よりキノコとボタン鍋
●No.218 太平山前岳―ここを自家薬籠中の山にしたい!
●No.219 岩谷山―8人参加の今年最後の山行
●No.220 高岳山―由緒ある歴史の山をハイキング
●No.221 妙見山―初詣登山の定番になった山
●No.222 長者森―温泉・長いも・フキノトウ
●No.223 太平山中岳―さあ本格的な冬山登山だ
●No.224 大滝山―スノーシューはき始めはこの山で
●No.225 保呂羽山―雪がないとつまらない
●No.226 八塩山矢島口―コロナなんかぶっ飛ばせ
●No.227 男鹿真山―山行の翌朝はクリーニングしたシャツの気分
●No.228 笙ヶ岳―百花繚乱のお花畑を歩く
●No.229 真昼岳―サブスリーはもう無理なのかも
●No.230 男鹿真山―男鹿にもクマはいるのか
●No.231 秋田駒―山頂の紅葉はもう始まっていた
●No.232 秣岳―秣も紅葉ラッシュだった
●No.233 黒森・御嶽山―登山口まで40分歩てヘトヘト
●No.234 太平山奥岳―70代の太平山奥岳
●No.235 雄長子内岳―ようやく山名の由来が分かった!
●No.236 房住山―登り口が替わると山の印象も変わる
●No.237 七座山―下山で転倒、左ひざ横をねんざ、か
●No.238 岩谷山―今年も一年、ありがとうございました
●No.239 妙見山―今年も元気に山に登れますように
●No.240 大滝山―腰痛、健診、地震のなかで
●No.241 冬師湿原―本当に「雲ひとつない」鳥海山
●No.242 保呂羽山―山行にダイエット効果あり
●No.243 高岳山―複雑な歴史が詰まった山
●No.244 西山3山―レインウエアーを忘れる大失態
●No.245 東鳥海山―元の名前は「雄鬼骨山」とはしらなかった
●No.246 男鹿三山―縦走は楽しいが、くたびれる
●No.247 秋田駒男岳―人気の少ない観光ルートを初体験
●No.248 女神山(岩手)−たまには県外の山もいいなあ
●No.249 東光山―東光山でアカゲラを観た!
●No.250 秋田駒―痛恨のリタイア、筋トレをやり直しだ
●No.251 高岳山―リハビリ登山は高岳山と浦城コース
●No.252 鳥海山―今日は半分まで、待ってろよ鳥海山
●No.253 太平山奥岳―宝蔵コースはまだハードルが高すぎた
●No.254 真昼岳―サブスリーを目指して
●No.255 太平山奥岳―希望の光が見えてきた山行になった
●No.256 秣岳―泥まみれで紅葉もイマイチ
●No.257 房住山―古い歴史を持つ信仰の山なのに……
●No.258 岩谷山―今年も靴納めの時期か
●No.259 妙見山―今年もここから始めます
●No.260 男鹿真山―本格的雪山登山を体験
●No.261 大森山―かすかに獣臭のする動物園周辺を歩く
●No.262 保呂羽山―子供連れで今冬最後のスノーハイク
●No.263 男鹿冷水川―福寿草・冷水川・門前大滝
●No.264 貝吹岳―女子大生とスノーハイク
●No.265 西山3山―西山3山はさすがにきつかった
●No.266 高岳山―歴史と景観のバランスのある山
●No.267 東鳥海山―春の「をしこほね山」は気持ちいい
●No.268 男鹿三山―久しぶりの「お山かけ」
●No.269 八塩山矢島口―なぜこの山に登る人はいないのか?
●No.270 大平山前岳―人気ルートに人がいない?
●No.271 小白森・大白森―小雨の中を強行山行したが……
●No.272 羽黒山―初めての山は心ときめいて
●No.273 笙ヶ岳―猛暑に雪渓のオアシス
●No.274 八甲田山―雨の赤倉岳もいいもんだ

Topへ